ほんとにあった!呪いのブログ

呪いのビデオシリーズのレビュー・考察など

呪いのビデオ Part 58 レビュー【妊娠騒動とは】

さて、前回の続きです。

とはいえ時間がかかってしまいましたが。

やはりメインエピソードが3,4巻にわたって続くと、億劫になるんすよね。

 

さて、気を取り直して、レビュー参ります。

 

 

吊り橋

レベル 4.5 / 5

内容

投稿者が恋人とハイキングに訪れた際の映像。

途中、やや朽ちた吊り橋を見つけた彼女。

吊り橋はボロく、橋板が崩れそうになっており投稿者が彼女に注意を促すが、彼女は橋板を踏み外してしまう。

彼女を助けようと投稿者が駆け寄り、カメラが足元、橋板の間を映すと、そこに男と思しき顔が現れた。

感想

不意打ちを狙ってくるタイプです。

テレビとかでもたまに紹介されていますが、分かってても結構ビビる。58巻のトップランナーがこれだと知っていたので観るまで少し躊躇していたのもあるんだけどねw

作り物くさいけど、掴みとしては文句なしでしょうね。

あと、この吊り橋ではないと思うけど、筆者の地元・仙台の奥新川にも似たような橋がありまして、渡った事あります。

f:id:ktyarin:20200323005849j:image

ちなみに奥新川は熊が有名で何人か襲われている秘境地です。

 

 

女首

レベル 3.5 / 5

内容

投稿者が高校時代の友人2人と、とある駅で待ち合わせをして車に乗り込み、後部座席からフロントガラスを映すように3人で団欒している様子を撮影していた時、ボンネットの先に女の首のようなものが映り、衝突してしまう。

外に出て確認するも、何も轢いた後はなかった。

しかし車体の下から女と思しき顔が覗く。

感想

リプレイでよくよく見ると確かに女の首っぽいです。どことなくマネキン感があるけど。

このシチュエーションは48巻の『歩道橋の怪』にも似てますね。歩道橋のが断然怖いけど。

 

 

盆踊り

レベル 4.6 / 5

内容

投稿者が地元の夏祭りに参加した際に何気なく撮っていた映像である。

盆踊りの光景を撮影する投稿者。

ふとカメラが右へ振られると不自然な浴衣姿の少女が映る。

さらに投稿者が足元を写した時、先程の少女と思しきものが足元でしゃがみ込み、こちらをじっと見つめていた。

少女は顔が白く、巨大な目は真っ黒であったが…。

感想

これは怖いですね。最初に映ったときは全然気づかなかったんだけど、足元に出たときは少しゾッとしました。

なんというか宇宙人?リトルグレイ?みたいな感じがする。

それより冒頭でソースせんべいみたいな薄皮(?)のせんべいに餡子(つぶあん)みたいなの付けてる露店が気になった。美味そうじゃん。

 

 

邪心 中編

レベル -

内容

スタッフが「死神」にコンタクトを取っても返信が来ることはなかった。

そんな中、復讐サイトを使い死神とコンタクトを取った事がある徳村さんに取材をする。

徳村さんによると死神とフリーメールでやり取りをした際、徳村さんは死神に復讐したい相手はいるのか、と聞いてみたという。

すると死神は「北第二中で自分を虐めた人間達を絶対に許さない」という返信が返ってきたという。

スタッフは北第二中近辺でイジメに関する聞き込みをする。

その過程で高校生の島本さんと出会う。彼は北第二中の出身で、先輩から虐めの噂を聞いたという。

それは7,8年前、1人の女子生徒が複数人から虐めを受けており、次第に引きこもりになってしまった。すると虐めていた人たちに次々と不幸な出来事が起きたそうである。

島本さんには先輩から詳しい話を聞いてもらうと約束し、スタッフは掲示板に架空の復讐代行の文を投稿した。

感想

新加入スタッフの増本くんが中々いいですね。

最後の架空の復讐文なんて、リアルすぎて菊池が『これ…、架空の依頼なんだよね…?』と困惑するシーンとか、笑ってしまいますよ。

近隣住民のインタビューで1人目のマダムが北第二中の噂について『妊娠騒動…?』って言ってたのにあまり触れられてないのがうける。伏線かもしれないので覚えておいた方が良いのか…?

 

 

シリーズ監視カメラ バックヤード

レベル 2.8 / 5

内容

投稿者が個人で経営しているコンビニのバックヤードに設置された監視カメラ映像。

映像には工藤さんというアルバイト店員が映っている。工藤さんがバックヤードの扉を開けるとそこに制服姿の女の姿が。

工藤さんが帰ってくると彼を追うように制服女がバックヤードに入ってくる姿が記録されていた。

感想

工藤さんと制服女の経緯というか、因果関係はあるんですが長すぎてダレるので割愛します。

要は工藤さんがストーカー気質のメンヘラ彼女に愛想尽かして『じゃあ死んでくんね?』って言い放ったら本当に死んだというものです。そんな死んだ彼女が霊体になってまで工藤さんをストーキングしてるって話。

話は変わりますがバックヤード・ベイビーズってバンドいましたね。アルバム持ってるのに殆ど聴いてないな。

People Like People Like People Like Us

People Like People Like People Like Us

  • BACKYARD BABIES
  • ロック
  • ¥204

 

 

足元

レベル 4.6 / 5

内容

投稿者の牧野さんが友人達と有名な温泉地へ行った際に見つけた廃屋で撮影された映像。

友人達とテンション高めで廃屋を探索する投稿者。

廃屋には仏壇や位牌、日本人形などが無数に残っていた。投稿者が足元を映すと、そこに数珠が落ちていた。

すると彼の足元に和服姿の足のようなものが映り込む。

1人驚く牧野さん。カメラが困惑する友人を向けたとき、彼の背後の部屋の入り口から堀の深い男の顔が横向きになって覗いていた。

追撃と言わんばかりの状態に一心不乱に逃げ出す牧野さん。

後日、温泉から帰る際に突如、車のハンドルが効かなくなりガードレールに衝突してしまったという。

スタッフが調べたところによると、この廃屋付近の川では過去に痴呆症の老人が溺死する事故があったという。しかし現地では介護に疲れた息子が川へ突き落としたのではと囁かれているというのだが…。

感想

これもなかなか怖いです。足元だけでもこの世のものではない感じがして不気味だし、そこをもってきて入り口の襖の上部から横向きの顔が出てくる感じも、ここまで来るとヤバいでしょ。

しかし、牧野さんが霊に弄ばれてる感あってちょっと不憫かな、と。特に2回目横向き顔のシーンで慄いた牧野さんが『ウオー!!ウオ!ウオ!!!』って叫んでたのは不覚にも爆笑してしまいましたよ。

 

 

遊園地

レベル 1.2 / 5

内容

30年程前にとある遊園地で撮影された古いビデオ。

卓球で遊ぶ家族たちを映した時、画面が紫色に変色し、無数の人影が右へ向かい歩いている。

しかもそのシーンのみ、念仏のようなものが聞こえる。

投稿者の父親によると、この映像が撮影される少し前に遊園地の近くで大型バスが事故を起こし、多数の死傷者を出したという。

感想

本巻の肩透かし映像です。

遊園地の遊具から流れるチープなメロディが不協和音で不気味なのに肝心な箇所は明らかにフェイクと疑ってしまうほど、粗末なものです。

バスの事故もこじつけでしょ()

 

 

続・邪心 中編

レベル 2.4 / 5

内容

前回出会った島本さんの先輩・谷岡さんにアポを取れたスタッフは彼に取材をする。

谷岡さんによれば倉本亜希さんという女子生徒がイジメのターゲットとなり、彼女の暗い雰囲気から "死神" というあだ名をつけられ、陰湿なイジメを受けていたらしい。

無視や弁当を捨てる、陰で暴力を振るうなどの被害を受けていた倉本さん。学校側も把握はしていたものの、騒ぎにしたくなかったのか、見て見ぬ振りをしていた感じがしたという。

そんなある日、倉本さんは校内で自殺未遂をし、入院してしまう。

イジメグループの3人は自分たちへの当てつけに、倉本さんが自殺未遂をみんなの前でやったと感じて、更にイジメはエスカレートしたという。

そして倉本さんは登校拒否、家も引っ越してしまった。

それから数年の月日が流れ、北第二中の同窓会になんと倉本さんが現れ、その風貌は髪がボサボサであり、

『私をいじめていた人は、みんな不幸になる!』

と叫び帰っていったという。

 

f:id:ktyarin:20200323191616p:image

 

また、イジメグループの3人のうち2人に不幸が起きているという。

1人目は交通事故で死亡。

2人目は重い疾患で入院中。

残る3人目で主犯格の清水さんは同窓会の後、二次会にも出席していたが、その際の映像の清水さんが映る箇所に不可解な事象が発生しているという。

そして以降、清水さんは精神的に病み実家で休養中だという。

そして、スタッフの森澤と菊池は清水さんの実家へ向かい取材をする。

インターフォン越しに清水母とやり取りをする森澤。

母曰く、清水さんは取材できるような状況ではないという。

仕方ないので、母に復讐サイトや見ると不幸になるビデオを問う。

すると半狂乱の清水さんが途端に現れ、2階のベランダから叫び声と共に様々な物が投げてくる。

これ以上は危険と判断したのか、清水宅を後にする森澤と菊池。

 

谷岡さんの撮影した映像には、清水さんが映る箇所に例のブロックノイズが生じ、カメラのフラッシュと同時にスクリームのような人間の顔が映り込んでいた。それはまるで色彩を反転させたような状態であった。

そして、スタッフルームのパソコンには死神から返信のメールが届いており、北第二中近くの公園で待ち合わせをする事となった…。

感想

映り込んだのはブロックノイズだけでなく、叫んでいるような顔ってのはよく出来てるかと思います。一瞬なんでリプレイでやっと気づく感じはリアルに生々しい感じがする。

にしても精神的におかしくなったり不慮の事故で亡くなったりするシチュエーションは結構飽きてきたり…。評価が難しい、でも続きを見守って(?)いきましょう。

 

 

まとめ

『吊り橋』『盆踊り』『足元』が特に良かったと思います。

そして次回で "妊娠騒動" について何か進展があるのかも期待しちゃいます。

 

では次回!